七つ星 -NANATSUBOSHI-

This site is a fan site of "FINAL FANTASY VII". This site is supporting"CLOUD&TIFA". Please see instructions of this site first.

呼んだのは&やっぱりパラレルでは…(ちょっと追記)

こんにちは、ももこです(*^^*)

やっと17章まで到達!
相変わらずナナキ可愛い(ノ´∀`*)
早く操作したいな~(*´ω`*)
ちょっと気になった点が2つ程あるので呟きます。

14章のデート終了後、エアリスの家でエアリス救出の狼煙を上げますが、この時にクラウドが「呼ばれている気がするんだ」と言います。
この「呼ばれている」は誰に呼ばれたのか……個人的には「エアリス」だと思います。
クラウドの中のジェノバ細胞がリユニオンする為に、この後出てくる神羅ビルの「ジェノバ」に呼ばれた、と考える方も居るかもしれませんが、それなら事前に頭痛なりセフィロスの声なりで呼び掛ける演出があると思いますし、予めジェノバの話も少しは出てきてもおかしくないかなと。
神羅ビルに行くまでジェノバに呼ばれるような演出が一切無いのを考えると、あそこで「呼ばれている気がするんだ」という台詞がかなり唐突に感じます。
また、もし呼び掛けたのがジェノバだとしたら、あの時点でジェノバが何なのか知らないのですから、ただの「呼ばれている」ではなく「"何かに"呼ばれている」となるのではないでしょうか。
あの直前のイベントと言えばエアリスデートなので、クラウドを呼んだのは普通にエアリスだと思います(^_^;)
エンディングにエアリスデートが使われている事も考えると、まあそれが正式なデートイベントなのかなと……(^_^;)
また、アルマニ+の原文を引用すると、

「花畑に行くと、見えるはずのない満天の星空のもと、エアリスは花をながめている。近づいてきたクラウドに気がつくと、ニッコリと笑う」
<中略>
「エアリス、ただの夢でないことを匂わす。古代種の力を使い、クラウドにアクセスしているので、まったくの夢というわけでもない」

この中の「クラウドにアクセスしている」ですが、わざわざ古代種の力を使ってクラウドの夢に現れるのは、クラウドに会って直接伝えたい事があったからだと思います。
その伝えたい事が「クラウドと会えてうれしかった~<中略>~でもね、好きにならないで」の一連の台詞だったのかなと。
宝条に捕まり、もう会えないかもしれない。
だから今のうちに伝えたかったのかもしれません。
ただ、未来の記憶があるエアリスなら、この後クラウド達が助けに来るのは分かっていた可能性もあるのでは??とも思うのです。
実際、16章のラストでクラウド達と再会した時のエアリスはそこまで驚いていたように見えなかったような……(^_^;)
話が脱線しました(^_^;)
で、クラウドからすると、エアリスがわざわざ夢に現れ意味深な言葉を投げ掛けていくのは、何か自分に言いたい事や伝えたい事があるからかもしれないと考えるのではないでしょうか。
更に、

「もう、朝。行かなくちゃ」
「迎えに行く」
「悔しいけど……うれしい」

の台詞を見るに、「本心は来てほしい」という事ではないでしょうか。
もしエルミナの言う通り「神羅に捕まっても悪いようにはしないはず」なら、別に助けに行かなくても良いのですが、エアリス本人は「嬉しい」と言っている事から、やはり迎えに行くべきだ、と考えるのではないでしょうか。
クラウド的には、「エアリスが夢に現れた→迎えに行く→嬉しい→呼ばれている」と感じたのでは。
また、あそこの辺りはエアリスを助けに行くか行かないかで揉めていた時期なので、助け出したいクラウドからすると「呼ばれている」と感じてもおかしくはないと思います。
エルミナを見ながら「呼ばれている気がするんだ」と言い、それに対してティファ達も「誰に?」と返さない事からも、クラウドがエアリスを助けに行きたい気持ちから言ったものだと皆理解したのではないでしょうか。
ストーリーの流れからもそうじゃないかな~と思いました(*^^*)

それから、17章の冒頭でエアリスが古代種について語りますが、そこでバレットが「約束の地は神羅には渡さねぇ!」と意気込む場面でエアリスが「違うの!」と制止します。
原作では最初はバレットの言う通り、神羅が敵というように認識していましたが、リメイクのエアリスはこの時点で「敵は神羅ではなく他にいる」と言います。
更にナナキがフィーラーから得た情報の「この星は力尽きてしまうらしい」と言います。
原作では少なくとも500年後まで星は普通に生き延びていましたが、リメイクでは「もうすぐ」無くなると……この時点で、リメイクの世界は原作の世界とは違うもう一つのⅦの世界なのかな??
「今後(少なくとも)500年以上生きる星(原作)だったのが、アレ(世界の終わりの7秒前の先にある銀河)により力尽きてしまう星(リメイク)にされてしまう」という事なのかな??
今後は「原作の星(フィーラーを倒した事により捨てざるを得なかった未来)」に戻す為にリメイクの世界を旅する事になるとか??
あくまで個人的な考えなのでその辺りはご了承下さい(^_^;)

それではまた来ますね!
拍手&閲覧ありがとうございました(*^^*)


Interpretation of the Ⅶ | コメント:0 |
| ホーム |