七つ星 -NANATSUBOSHI-

This site is a fan site of "FINAL FANTASY VII". This site is supporting"CLOUD&TIFA". Please see instructions of this site first.

明けましておめでとうございます&お返事です

明けましておめでとうございます、ももこです(*^^*)

ブログコメントへのお返事になります。
心当たりのある方は続きよりご確認下さい(*^^*)

ただ今リメイク再プレイ中です。
時間経って改めてプレイしてみると、初プレイ時とはまた違う見方が出来て新鮮です(*^^*)
それにしても、ティファへのクラウドの態度が激甘過ぎて本当にヤバイね(///∇///)
これ、次回作以降でティファがクラウドへの不信感募らせてよそよそしくなった時が辛いな……(´・ω・`)
多分ですが、ティファに対するクラウドが甘いのは、原作で「ティファのその言葉が何時だって俺を支えてくれる」に現されるように、今からティファに依存する事によって、この後に起こる「ティファのよそよそしさからのクラウドの自己崩壊」をリメイクで大々的にやろうとしている伏線なのではないかと思いました(^_^;)
クラウドの甘さ=自分の記憶に対する不安から依存??
また、それだけではなく、原作終盤に明かされるクラウドの真実で「ずっとティファが好きだった」の片鱗を無意識ながら序盤で匂わせる事で、クラウド復帰後にすんなりと決戦前夜に持っていくつもりなのかな……あくまで個人的な予想ですが、当たっていたら泣いて喜びます(。´Д⊂)
ただ、ティファがよそよそしくなるのと反比例するように、エアリスと距離が詰まっていく可能性(特に恋愛的な意味でなくても)もあるわけで……う~ん、一体どうなるんだろう??

それではまた来ますね!
拍手&閲覧ありがとうございました(*^^*)





12月29日 16時頃の方
初めまして(*^^*)
当サイトの作品&考察にとても丁寧なご感想を賜り、本当にありがとうございました!
当サイトはクラティメインですが、エアリスとの関係性についても独自の解釈でクラウドやティファとの絆を表現しています。
私もあなた様と同じく、Ⅶ全体で見れば恋愛的にはクラウドにはティファだと思いますが、だからと言ってクラウドにとってエアリスが大切じゃないとは全く思いませんし、むしろ一生想い出の中で輝き続ける大切な存在だと思っています(*^^*)
それはザックス本人の記憶がクラウドの中にあるとかではなく、エアリスと過ごした記憶を持つクラウド本人がそう思っていると思います。
小説の中でも書きましたが、クラウドにとってはティファとエアリスどちらも「好き」だと思います。
ただ、その「好き」の"意味"がそれぞれ違うのだと……。
エアリスに対するクラウドの「好き」がどういった類のものか、そこは人それぞれの捉え方になりますが、個人的には「恋愛」より「親愛」の方が近いのではないかなと思います。
正にあなた様のおっしゃる通り、ティファ=手を取り合い共に歩く存在、エアリス=後ろから背中を押してくれる存在なんだと思います(*´ω`*)
ただ、ティファにとってはやはりエアリスがクラウドに恋心を抱いていたのは知っていたでしょうし、クラウドに対しても、一緒に暮らしていながら公式小説やACであんな風にエアリスの死をいつまでも引き摺っている姿を見たら、やはりクラウドとエアリスの関係性に女心が疼いてしまうのではないかなと。
エアリスが生きている間にティファがクラウドと相愛になったのならともかく、現実はエアリスがクラウドへの想いを告げる前に離脱し不戦勝のような形になったので、ティファ的にはエアリスへの後ろめたさもあったのではないかと……。
クラウド、ティファ、エアリスの関係性は色んな意味で本当に絶妙なトライアングルだと思います……端から見ていてハラハラする(^_^;)
クラエアがお好きという事でしたが、あなた様のようにそれ以外のCPも受け入れて下さるお気持ちにとても嬉しく思いました(*^^*)
私もクラティもクラエアどちらも好きになって良いと思いますし、誹謗中傷さえしていなければ個人の好き嫌いを他人がどうこう言うべきではないと思っています。
リメイクのエアリス、凄く可愛いですよね(ノ´∀`*)
EXクエストや陥没道路やみどり公園でのクラウドとのやり取りが本当に微笑ましい(*´ω`*)
みどり公園の別れ際のクラエア、二人共別れるのが名残惜しいのが伝わってきてキュンキュンしちゃいました(*´ω`*)
出会って間もないのにクラウドが絆されていく様は、エアリスだからこそ出来る魔法なのではないかと思いました(*^^*)
個人的に、リメイクは原作よりティファやエアリスに対するクラウドの態度が柔らかくなっている気がするので、次回作ではどんな風にそれぞれの気持ちが動いていくのか楽しみです(*^^*)
また、リクエストもありがとうございました!
中々面白そうな内容ですね(*^^*)
連載している作品が一段落したら妄想したいと思いますので気長にお待ち下さいませ(^_^)v
今回は本当にありがとうございました(*^^*)

Thanks | コメント:0 |
<<About | ホーム | ゆく年くる年2020>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |